節約 ライフ

懸賞で節約!?これで私は当たる事が出来ました。当選アップのコツや具体例をご紹介

2020年4月13日

ハナ
一時期、懸賞にハマった時期があり当選品を沢山いただきながら楽しく節約することが出来ました。
ツイッターで懸賞好きさんも多いようなので、今までの当選品を例に実際に行った応募方法など独自ではありますが考察しながらまとめてみます。

数年前、ほぼ毎日のようにヤマトさんや佐川さんに当選品のお届けを頂いていました。

当時、家族の中で私のあだ名は、なすび。
妹には「懸賞生活うまくいってる?」と、つっこまれる始末。。

記事のおわり部分でなぜ、この旅系ブログにわざわざ懸賞を取り上げているか判明します。

それでは、さっそくいってみましょう!

当たりやすい懸賞や状況を考察

実際に「このような状況や懸賞条件がよく当たったなぁ。。」という特徴を過去の経験からまとめてみました。

当たりやすかった懸賞の特徴と状況

  • 当選人数が1万人以上
  • 冬休みや夏休み
  • 小さいwebサイトの懸賞
  • 応募期間が短い
  • 当選品が人気なさそうなもの
  • 当選しても限られた人しか使えなさそうなもの
  • 応募がめんどくさいもの
  • 何かを購入して応募しないといけないもの
  • 企業がこの人に当たったら良さそうだなーというターゲット層と自分が一致しているとき 等々

この特徴を踏まえて過去に当たった商品と当選した理由の考察してみました。

  • 映画の試写会と上映期間が短い鑑賞チケット
    → 特に、映画の試写会は日にちや場所が限定されているせいか、当たりやすかった。
  • コスメや美容品
    →美容系雑誌のサイトに登録して応募するとき。
    おそらく自分の年齢層や性別が合致しているからなのか、よく当たることができました。
    企業からすると、リピートして欲しいという思いやネット&口コミで製品の良さを拡散して欲しいという思いからだと思います。
  • 食べ物
    →企業が在庫処分も兼ね備えているケースが(?)・・・(←あくまでも予想です。)
  • 宿泊券と航空券
    →ここに関しては記事の最後にある旅行系当選品の部分をご覧ください。

そして、冬休みや夏休みについてネットでよく当たりやすいと言われていますが、実際にその期間は私も当たりやすいなぁ…と実感しました。

この記事を書いている(2020年4月現在)ママさんたちが忙しい今も正直当たりやすいかと。。。(言いたいことは汲み取ってください汗)

 

逆に何度応募しても当たらなかった商品

ディズニーチケット、USJチケットなど。試行錯誤してみましたが人気の施設は一度もあたりませんでした。他にも、当選人数が少なく応募が多そうな楽天トラベルでの宿泊当選も当たりませんでした。

 

懸賞コメントの書き方例(私なりの書き方)

ネットで「コメントは書けるなら絶対に書いたほうがよい!」など見かけます。
しかし、具体例がなかなか出てこなかったので私自身、当選することが出来た際のコメントの書き方をそのまま再現してみます。

あくまでもひとつの例ですし、この書き方をすれば必ずしも当たるとは限りません。

1つの参考例として…。
ここから、企業への媚の売り方の気持ち悪さを楽しみがらご覧ください。

 

食べ物系の当選品の場合

いつも美味しく●●を食べています!
前回出た、●●という味は●●が特徴的で家族も美味しいと言っていました。
「今度は●●という味が食べてみたい」と家族とも話しています♪
是非!検討をお願いします。そして、当選品の●●も・・・❤よろしくお願いします(#^^#)

いやぁ…。すみません。
書いていて気持ち悪いですね。よく言えば企業へのラブレター。
ちょっと残念に言えば、媚を売りまくりです。

しかし、一応こちらをひも解いて真面目に説明すると。

  • いつも食べています(常連客であることをアピール)
  • 家族と(一人からの応募だけど、家族も常連客であり当選したら一緒に食べてくれると予想が出来る書き方。)
  • 今度は●●という味が食べてみたい(商品開発のネタの提供、および商品のリアルな感想)
  • お願いします(人としての礼儀)
  • (#^^#)(ニコちゃんマークを仕事のメモの端っこに書くと優先順位をあげてもらえる。みたいなうんちくを外国人の友達に聞いたことがあったのでなんとなく。)

では、もうひとついってみます。

美容グッズの場合

いつも●●を使用しており、まだこちらの●●は使用したことありませんが前から気になっていたのでお試しが出来ればと思い今回応募してみました。
もし使ってみて良ければSNSにも載せてみたいなぁと思います。(ツイッター @abcdefg123456789 や インスタアカウント〇〇など。)
是非、よろしくお願いします(#^^#)

こちらの部分も、ひも解いてみます。

  • ●●を使用しているがお試しをしたい(他社の製品を使っているけど御社の製品に切り替えを検討している・・というアピール。)
  • 使ってみて良ければSNS(サクラっぽくなく拡散する、アカウント名を入れると企業も分かりやすいので説得力増かと。)

この書き方は、企業の目線に立って書いてみました。
企業の気持ちが汲み取れているかは正直不明です。

しかし、実際に自分が当選者を選ぶ立場であればいつも使ってくれている方やリアルな声を書いてくれる人を選びたいし、ネタの提供が欲しいだろうなぁと。それに、リピートしてくれるであろう人にお試しで商品をあげたいという気持ちにもなりそうなので。

是非、他にもこんな書き方をして当たりました!というものがあれば私にもその方法をご伝授くださいませ(#^^#)

実際に当たった商品の一部がこちら

ここまで書いても、実際に当たった証拠がなければ説得力がないと思います。
今、実際にお家にある当選品や残っている当選メールを証拠がてらほんの一部ですが、応募別にてご紹介していきます。

ネット懸賞での当選品と状況

当選メールがこちら。

アイリスオーヤマさまの懸賞企画での当選メール。

 

実は、この当選が私にとって初めての大きな当選品でありました。
なので応募した時のコメント欄もよく覚えています。

この懸賞を応募した際に書いたコメントは、自分が使っているアイリスオーヤマのIHクッキングヒーターのこと。
料理をする際、火が怖い私にとって精神的に安心して利用できること。
そして設置のしやすさや使い勝手の良さをお礼と共に書きました。

本当に良い製品だと思って使っているのでかけたコメントでもあったのかもしれません。

そして頂いた商品がこちらです。

アイリスオーヤマさまからの当選品。頂いたのは防災グッズ。

 

引っ越してきたばかりの時、こちらを頂いたので非常に助かりました。
今も、中に入れてある非常食の期限を気にしながらいざというときのために持っています。

あまり使う機会というのは来てほしくないですが、すごく嬉しい当選でした。

ちなみに、私の応募コメントを見て選んでくれたんだろうなぁ。。
と、思えて嬉しかったのでこの当選以来アイリスオーヤマ製品をたまに購入しています。

応募マークを集めての当選品と状況

応募マークを集めて応募する懸賞は結構当たりやすいと実感しています。
おそらく、めんどうな作業なので・・。

実際に、今でも我が家で活躍してくれている当選品がこちらです。

丸美屋さまから頂いた当選品

 

こちらは、丸美屋のふりかけの右下にある「丸美屋マーク」などを集めて応募する懸賞
確か当選品は300人くらいでした。

応募ハガキがスーパーになかったので、郵便ハガキに貼ってきちんと剥がれないようにし。
下手くそなりにも、丁寧に字を書いたところ当選いただけました。

一生懸命書いた字は読み手に伝わったのかなぁと実感した応募でした。
以来、丸美屋製品を購入したときは丸美屋応募マークを保管しています。

(うる覚えですが、確かものすごくヘタなしょうこお姉さんもびっくりな丸美屋のヒヨコを絵に描いたと記憶しています。汗)

ツイッター応募の当選とその状況

このブログを読んでくださるかたは、ほとんどツイッターのお得界隈のみなさまだと思いますが念のために。。

先日、このようなツイートをしました。
この中のポッキー、ジャイアントコーン、グーボはそれぞれツイッターのフォロー&RTの当選品です。

もう有名なお話ではありますが。

フォロー&RT/その場で当選するといったもの。
こちらは、夜中や早朝など応募する時間が少ないときにRTするとかなりの確率で当選します。

ちなみに、同じ要領なのかファミペイアプリ内にある「その場であたるスロット」も早朝で当たりました。

旅行系の当選品がこちら

なぜ、このブログでわざわざ懸賞を考察したのか。
なぜなら、旅行系の当選品があれば旅系ブログでも書いて許されるかと思ったからです。

(※しかし、このブログは基本的に楽しく節約して余裕ができたお金で旅行をしたい!という趣旨で行っていますので今後は節約関係の投稿もしていくつもりです。)

話は逸れてしまいましたが。
今のところ、この当選品が私の懸賞生活で今まで一番大きな当選となっています。

セブパシフィック航空からの当選メール

 

スマホからご覧になっている方は見にくくて申し訳ありませんが。
こちらの当選メール。LCCのセブパシフィック航空からの航空券当選メールとなります。

企画はFacebookページのみでの懸賞。
当時のセブパシフィクのFacebookは日本人の方が更新しているというより海外の方が更新されているなぁという印象のページでした。

投稿されているものにも英文が多く、日本人には身近に感じられなかったようで航空会社のページのわりにはイイネの数が少ないなぁという印象。

対して、当時の私のFacebookアカウントは「出張でマニラに来ており、グリーンベルトのスタバでお茶してます」など。
少しだけフィリピン色で染められたアカウントでした。

推測ではありますが、航空会社側からすると・・

  • パスポートはとりあえず持っている。
  • フィリピンが好きそう
  • 飛行機の写真も投稿しているので旅行が好きそう
  • そもそも応募人数が少なかった(?)

このあたりが合わさって当選頂けたのかなと思います。

ちなみに、こちらの航空券ではアメリカの有名旅行雑誌「コンデナストトラベラー」で2015年に世界一綺麗な島と位置付けられたパラワン島へ行ってきました。

当時の写真がこちらです。

当選した航空券で行ったフィリピン・パラワン島の旅行写真

 

当選した航空券は2名分でしたので妹を連れて、パラワン島のプエルトプリンセサにあるドスパルマスアイランドへ滞在してきました。

観光では世界遺産に登録されているアンダーグラウンドリバーを周り、1島まるごとリゾートのドスパルマスアイランドでシュノーケルしたり等。

一生の思い出になる時間を過ごすことが出来ました。

本当に、きれいな島で夜の星空に感動したことを今でも最近のことのように思い出すことができます。

セブパシフィック航空、それから大好きで何度かお世話になっています。
いつも愉快なフライトでフィリピンらしい国民性が出ていて本当に大好きです。

(早くコロナおさまって欲しいですね。。涙)

他にも旅行系の当選品がこちらです。

韓国観光アンバサダー事務局さまよりベニキアホテル宿泊チケットの当選メール

こちらは、正直当選人数がかなり多かったです。
(確か、1,000人だったと記憶。)

当選人数が多い・海外・期限が決まったホテルのチケットなど。

この辺りが当選できた要因かなと思います。

まとめとおすすめの本

私が、こんな感じで当選できたのは始めからではありません。

懸賞に興味を持ち始めたとき、ふと本屋でこちらの本を手に取って読んだのが当選を多くしたきっかけのひとつでした。

当選するためのコメントのポイントやコツが書かれた書籍です。
著者の長場 典子さんは、当選品で節約を行いマンションまで購入したという有名な方。

アマゾンから試し読みも出来るようになっています。
試し読みだけでも普通に楽しいので、ステイホームを楽しんでいられる方にはおすすめしたい一冊です。

正直、この本は個人的に懸賞というよりコミュニケーションスキルとして使ったほうが面白いのでは?とも思います。

それでは、今日はこの辺りで。
本日もお読みいただきましてありがとうございました。

 

~おすすめの記事はこちら~

元旅行業界のお得好きがする【我慢しない楽しい旅行節約術】激安バスツアーのからくりもご紹介

ホテルに安く泊まる方法・時期など。元旅行業界の中の人が徹底解説!(国内編)

-節約, ライフ

Copyright© ハナのコスパ旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.