旅行クーポン情報

ホーチミンのインスタ映えスポット、タンディン教会とセット(徒歩圏内)で回れるカフェ&バインセオのご紹介

f:id:rukiasan:20200106180758p:plain

ホーチミン旅行でインスタ映えスポット、トップ3に入るといってもいいピンクで可愛らしいタンディン教会。

中心地の1区から車で約10分で行くことが出来ますので、観光客にも人気がとても高いスポットです。しかしガイドブックには若干情報が足りていないのが現状。

今回の記事では、今後ホーチミンへ旅行を考えられている方へ。
タンディン教会と徒歩圏内で回れるカフェ・バインセオを頂けるお店、そして行く前に知っておくとちょっといいかなぁという事をご紹介したいと思います。

まず初めに位置関係を紹介

今回、タンディン教会とセットでご紹介するのはCong Cafeとバインセオ46Aといったお店ですがこの3つを回ることによって、「タンディン教会」「ベトナムコーヒー」「ベトナム料理のバインセオおよび生春巻き」を制覇できます。

この3つのお店の位置関係はこのような感じでタンディン教会とバインセオ46Aの間にCong Cafeがあります。

f:id:rukiasan:20200106174717p:plain

タンディン教会とバインセオ46Aは徒歩3分もあれば行くことが出来ますので
旅行で体力を温存したい方にはいい感じの回り方だと思います。

タンディン教会

今回私たちが訪れたのはお昼ごろのタンディン教会。
ガイドブックには朝は人が少なめでオススメと書いてありましたが土曜日の昼間に訪れたところ、そこまで混んでいるといった印象はありませんでした。

そして教会まではGrabTaxiを使って行ったところ大体10分もかからないぐらい。料金は100円いかないぐらいで行くことが出来ました。

タンディン教会の前につくとGrabっぽい車といろんなTaxi が沢山ならんでいます。GrabTaxiのちょっとしたエピソードがあるので記事の最後に書かせていただきます。

また、タンディン教会はアジア圏から来ている観光客の方~ヨーロッパから来られているような方までいろんな国の観光客の方が訪れており、世界的にも有名な観光スポットなんだなぁというのがうかがえます。

インスタでもホーチミン旅行をリサーチしていたときから気になっていたタンディン教会。到着してあまりにも可愛らしくてさっそく、タンディン教会の写真を撮ってみます。

パシャリ。

f:id:rukiasan:20200106065551j:plain

ん・・・?

大きすぎて入らない・・・・汗。涙。

そうなんです。実は教会の敷地内は広めの作りではない為、ガイドブックのようにかっこよく!全体像を入れるのが難しいのです涙。

教会の作りが大きすぎて地面にスマホやカメラを置いて引きで撮影しても私たちのカメラやスマホでは全体を入れることが出来ませんでした。

そこで、少し諦めをつけ教会の可愛らしい作りをパシャリ。

f:id:rukiasan:20200106065521j:plain
しかし、全体像がほしいなぁということで何度か撮影を試みましたがうまく撮ることが出来ませんでした。

そして、心残りがありつつバインセオを食べに移動。
途中にいい感じのカフェがあり、入ったところなんとカフェのテラス席から全体像を入れて撮影することができました!そのカフェが次に紹介するCộng cafeです。

Cộng cafe

タンディン教会の全体を収められるベストスポットのCộng cafe。
たまたま入ったこのカフェが大当たりでした。

値段、スタッフのやさしさ、そしてコーヒーの味。どれをとってもオススメです。

まずはお店の中に入り、メニューのボードで悩んでいると。
「日本人にはこのコーヒーがおすすめだよ~」と教えて下さいました。

f:id:rukiasan:20200106065526j:plain
Cong cafe メニュー

特に何も決めていなかった私たちはなんとなくベトナムコーヒーを飲みたいということで、「お姉さんのオススメでお願いします。」とオーダー。

f:id:rukiasan:20200106065554j:plain
コーヒーはセルフで手渡しです。

よく、イオンとかにありそうなフードコートで待つときにくばられるブルブル鳴るやつを渡され5分程してコーヒーが出来上がりました。

ふわふわの泡に少し大きめのグラスに入ったココナッツコーヒーとベトナムコーヒー。
甘すぎず、ココナッツの風味がほんのり。
ココナッツがあまり好きではない主人が美味しい!と絶賛しながら飲んでいました。

f:id:rukiasan:20200106065545j:plain
ココナッツコーヒー(大きいほうのグラス)

また、店内は木製の机と椅子であたたかみのある店内。
エアコンも効いているので涼みながらちょっとゆっくり、ベトナムコーヒーを堪能するのにとてもぴったりなお店です。

そして、作りは2建てで2階部分にテラス席があり、テラス席からは教会を見ながらコーヒーを頂くことができます。

そのテラス席から教会を撮影してみるとばっちり収まりました。
それが、こちらの写真です。

f:id:rukiasan:20200106065548j:plain

また、こちらの2つのコーヒーのお値段。合わせて約500円。
一つ500円でもいいくらいのクオリティーだったのでベトナムの物価が本当に低い!と実感したカフェでした。

タンディン教会へ行かれる方にはぜひおすすめしたいカフェです。
(そういえば、ノマドワーカー的なヨーロッパの方や現地の方も多くいらしていました。私の憧れのマナブさんもバンコクであんな感じなのかなぁと勝手に想像です。笑)
ちなみにテラス席はこんな感じです。

f:id:rukiasan:20200106065558j:plain

バインセオ46A

バインセオ46AはCong Cafeの横の道をタンディン教会とは反対方向へ歩いて1分くらいに左手にあります。
屋台のようなお店でバインセオと生春巻きが有名なレストラン。お値段もお手頃で観光客と現地の人が半々くらいの比率でした。
そして、私たちが頂いたのはこちらのバインセオ。

f:id:rukiasan:20200106065604j:plain

たっぷりのお野菜で揚げたてのパリパリのお好み焼きみたいなもの巻きながら頂きました。正直、このバインセオは2人で十分すぎるくらいの大きさで朝にビュッフェをたくさん食べた私たちは残してしまいました。(ごめんなさい。)

f:id:rukiasan:20200106065601j:plain

そのくらい、大きなバインセオなのでシェアすることをお勧めします。そして肝心のお味はGood! しかし、少し油が強めなので脂っこいものが苦手な方にはちょっと厳しいかも?です。

また、バインセオ46Aでお手洗いを借りましたが清掃が行き届いていました。異国でのトイレ事情が気になる方にはこちらのお手洗い、心配無用です。

いせいのいい、肝っ玉かぁちゃん的なお母さんが切り盛りしているような感じのお店で日本語が話せるスタッフもいらっしゃいますのでお勧めのお店の一つとなりました。

Grab Taxiのエピソード

タンディン教会をあとに、次の目的地に向かう際おなじくGrabを使って教会の前からGrabTaxiを呼びました。

そこでスマホ片手に待っていたところ一人の男性が声をかけてきました。
「Grab ? My friends in traffic jam! Your name is Yoshida-san right ? 」
こんな感じで私の名前を知っていました。

どうやら、呼んだGrab Taxiの運転手が渋滞にハマって教会までたどり着けそうもないので近くにいる友人に私たちをピックアップするよう頼んだとのこと。

下調べでもこのような話を聞いていたのでさほど驚きはしませんでしたが、何かあっては嫌なのでその友人の前でキャンセルをしました。
(良心的な人たちなら申し訳ないけど違うナンバープレートの車に乗ってトラブルに巻き込まれたらいやなので。。。)

ということで、Grab Taxiは比較的安全ではあると思いますが中には「渋滞にハマったから追加」などとチップを要求する人も少なくないので。。

もし、Grabを初めて使われるようでしたらクレジットカード払いを私たちは強くおすすめします。現金払いではなくクレジット払いであればGrabが完全に間に入っていますのでドライバーも諦めがつきやすいです。

ちなみにクレカの登録は国内で出来ませんので現地についてからの登録になります。

最後に

今回はタンディン教会周辺のみに絞って記事を書かせていただきました。
是非、タンディン教会へ行かれる際は広角レンズのカメラを持参、そしてCộng cafeやバインセオ46Aへ訪れてみてください。

こちらのベトナム旅行については近々Youtubeに動画をアップ予定であります。
また、アップしましたら動画URLを貼らせていただきます。

本日もお読みいただきましてありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ。

www.familyyoshida.net

www.familyyoshida.net

-旅行クーポン情報

© 2020 Hana's cospa travel blog Powered by AFFINGER5