クレジットカード

楽天カードレビュー。基本スペックから実際の審査の時間やお得な入会時期、気を付けたいポイントの総まとめ。

f:id:rukiasan:20200105073335p:plain

楽天カードマーンのキャッチフレーズで言わずとしれた人気のクレジットカード、楽天カード。
先日、うちの主人も楽天カードの申し込みを行い年末に届きました。

今回の記事では、楽天カードの簡単なスペック、実際の審査時間サンプル例2つ、楽天カードに向いている人、向かない人、、お得な入会時期などをまとめた記事となります。現在、入会を検討されている方へ少しでも参考になれば幸いです。

 

楽天カードの基本スペック

主なスペックがこちらです。

年会費無料

多くの年会費無料のクレジットカードにある、一年に〇〇円利用しないと無料にはならない等のカードではありません。
楽天カードは永年無料としっかり明記があります。初めて持たれる方には一番のメリットの一つではないのでしょうか。

入会特典が魅力的

楽天カードの最大の魅力ともいえるのは入会特典がほかの年会費無料のカードに比べかなり高いこと。

楽天カードマーーーーンのCMで「今なら入会最大7000ポイントプレゼント!」なんていうのを聞かれたことがある方も多いかと思います。

この特典が本当に大きいのはほかの無料のクレジットカードをリサーチ頂いたらとお分かりいただけると思います。

(例:エポスカードは大体マルイ店頭で3,000ポイントのプレゼント。イトーヨーカドーで有名なセブンカード+はnanaco1,000ポイントで条件により最大5,000ポイント)

他の年会費無料のカードと比べると特典がかなり大きいことがお分かりいただけるかと思います。

国際ブランドは4種類

VISA、JCB、AMEX,Masterの4種類からお選びいただけます。4種類取り扱いがあるのも大きな魅力。

たとえば、セブンカード+はVISAとJCBの二種類。エポスカードに至ってはVISAのみ。その為、何かほかにメインに使っているカードがあれば楽天カードをサブカードとしてほかのブランドを選ぶときにも一役たちそうです。

ポイント還元率が高い

通常ほかの年会費無料のカードはポイント還元率が0.5%が平均なのに対し、楽天カードは1.0%と高還元率。

また、貯まったポイントは街中のお店やふるさと納税にも使えることもが最大のメリット。さらに、楽天銀行を登録したり楽天モバイルの利用などでさらに楽天市場でのお買い物でポイントの倍率が上がるなど楽天ユーザーにとってはかなりおいしいポイント還元率です。

家族カード無料

家族カードが無料なのも魅力のひとつですが、さらに家族カードと本カード間でポイントの移行ができるのも魅力の一つです。

ETCカード申し込み可

ETCカードに関しては通常500円+消費税の為、正直なところ魅力的とは言えず。マイナスといわざるおえません。

しかし、ある一定の条件を満たせばこちらの年会費はかからないのでヘビーユーザーにとってはそんなにマイナスなポイントとはならないです。

海外旅行保険

無料カードの中でも海外旅行保険がついているのが珍しい特典。ただ、利用付帯ですので旅行の一部を支払いに充てなければ適用されません。

利用付帯とは、旅行代金の一部をカード清算を行ったりカード会社が設けた条件を満たせば保険が適用されます。

そして楽天カードの利用付帯の条件は支払い金額に関して金額にかかわらずということがサイト内にきちんと記載がされていますので極端なはなし、1円でも代金の一部を生産すれば大丈夫です。

ただし、保険適用対象外の支払いもありますので(例:空港までのガソリン代など)実際に使用する前にはどの支払いで適用になるかの確認が必須です。

楽天Edyをつけることが出来る

最近では非接触型決済が多くあり、楽天Edyもそのひとつ。
楽天カードにEdyをつけるともれなくEdy500円分がチャージされています。 

審査について

審査については結構、正直甘いなぁといった印象です。
実際に私も過去に楽天カードを持っていまして、そのときの私の審査時のスペックは下記となります。

  • 20代後半
  • 会社員
  • 年収400くらい
  • 当時のカード所持枚数は2枚

ちなみにカード審査結果メールは数時間で届きました。その時のメールがこちら。

f:id:rukiasan:20200105073906j:plain
ヤフーカードみたいに瞬殺ではないですが結構早いなぁといった印象です。

また、もう一つのサンプル例では先日うちの主人も申し込みを行った際、夜中の1:30頃申し込みを行い翌日11:00ごろに審査結果の通知が来ました。

上の画像と比べていただけるとお分かりいただけるのですが私とほぼ同じような時間でした。

審査については、18才以上から申し込み可能なところと、入会特典もほかのカードに比べて多いことから、どんどん入会していただきたい!というのが伝わるようなカードです。

その為、よほど何かない限り審査は大丈夫と言えそうです。
カード作成に心配な方や審査が気になる方はこちらの記事もどうぞ。

 

www.familyyoshida.net

 

メリット

なんといっても、入会特典が無料カードのなかでぶっちぎりなところ。

そして、公益財団法人日本生産性本部(旧経済産業省所管の情報機関)のクレジットカード顧客満足度ランキングでも10年連続1位を獲得しています。

また、年会費が無料なのも魅力の一つ。
楽天ポイントの貯め方は、多種多様、人によって効率的な貯め方が違うと思うのとここではカードについての記事なので割愛します。

地味なメリットとしては知名度が高いので街中で出しても店員さんが迷わないところでしょうか。銀行のキャッシュカードと一体になっているクレジットカードの場合、店員さんにとって扱い方に戸惑う場合があったりします。

デメリット

まず、ETカードが完全に無料ではないこと。そして申し込みの段階・申し込み後もリボ払いへのお誘いが多いこと。(リボ払いへのお誘いはしょうがない事ではありますが・・。)

主人が申し込むときに入力を間違えないよう一緒に見ていましたがリボ払いにすると〇〇ポイントプレゼント!と多くありましたしキャンペーンでもかなり見かけます。

この部分に関して、人によってはリボ払いへのお誘いについて嫌悪感を感じる方もいるかもしれないですし、無知な方はプレゼントという言葉に誘われて分からないままリボ払いの申し込みをしてしまうのでは・・・?と思いました。

また、広告メールが多いことも気になる点です。ただ広告メールに関しては楽天カードのマイページ(e-Navi)より限りなく減らすことが可能です。

 

メリットとデメリットを踏まえて個人的に気になる点

よくも悪くも、楽天カードは不正探知システムが優秀と評判です。

そのおかげもあってか、不正利用された際には引き落としの前にシステムが作動しすぐにロックがかかったお陰で引き落としもされなかったなど不正利用を未然に防がれた例も多く見かけます。

その一方でシステムが優秀すぎる上、一部では楽天カードがなぜか使えないというのもちらほら。。

その中でもとりわけて多いのがUSJチケットの販売。

ごく一部の人ではありますがUSJのチケットをネット上で購入する際にロックがかかってしまい、ロック解除をするのにオペレーターへの電話がめんどくさかったという声があります。

そこで、このロックについていくつか調べてみると海外での利用でも不正探知システムが作動することがあるようでした。

そこで、実は私自身も一つ思い当たることがありまして以前、国内でも海外でも使えるフレキシロームというSIMカードを購入した際、送られてきたSIMカードと一緒に
「データの決済をする際に楽天カードが登録できない場合があります。」という紙が入っていました。

残念ながらそちらの紙は捨ててしまったのでこちらのブログには掲載出来ないのが残念なところですが。私も主人もその紙についてはっきり覚えております。

もし、この点について気になる方は試しに「USJ 楽天カード」などと検索をかけてみてください。

こんな人にオススメ

まとめると下記の条件にあてはまる人におすすめのカードです。

 

  • 初めてクレジットカードを持つ方
  • しかし、リボ払いへ誘うキャンペーンが多いのでリボ払いの怖さを理解している方
  • 楽天ポイントを使えるお店や楽天市場をよく利用する方
  • クレジットカードにお金をかけたくない方
  • 不正利用が心配な方
  • 楽天Edyを利用したい方
  • 高還元率のカードが欲しい方

こんな人には向かない

メリットデメリットを踏まえて下記の条件にあてはまる人にはおすすめ出来かねます。

  • リボ払いについてよくわからない人
  • ETCを完全に無料で持ちたい方
  • 楽天市場でそんなにお買い物をしない方。または楽天に興味のない方
  • ステータス性を求める方
  • システムロックが作動した際、オペレーターにつながるまで時間がかかるので何かあったとき直ぐにオペレーターと連絡が取りたい方。

楽天カードのお得な入会時期と作り方

お得な作り方には2つ注目するところがあります。
それは、入会する時期と入会方法の2つです。

基本的に楽天カードの入会特典(入会&利用特典)は5,000ポイントがもらえるのですが毎月、一週間ほどのキャンペーンをここ数年は行っており7,000ポイントもしくは8,000ポイントへ跳ね上がります。(例2019年12月16日~23日の入会は7,000ポイントでした。)

ここ数年のデータをまとめると。

  • 2月、5月、8月、11月のとある約一週間が8,000ポイント
  • 3月、6月、9月、12月のとある約一週間が7,000ポイント

このような感じです。

楽天スーパーセールの前月が8,000ポイントへ跳ね上がる傾向がここ数年ありますので
急ぎでなければ2,5,8,11月を狙うのがベストといえます。

毎月どこかしらで一週間ほどキャンペーンを行っていますので5,000ポイントのときは待ってもらったほうがよいかなぁといった印象です。

そして、お得な作り方はポイントサイトを経由すること。例えば、私の使用しているモッピーではこちらのようにモッピーサイトを経由するだけでモッピーポイントが10,000ポイントもらえます。

f:id:rukiasan:20200105071118p:plain

2019年1月5日現在

こちらのモッピーのポイントはTポイントや楽天ポイントに手数料無料で交換できますのでワンクッション挟むだけで10,000円分お得にカード発行ができてしまいます。

ポイントサイトへの登録も3分もあれば終わりますが。なんとなくポイントサイトが難しければラインポイント経由でも問題ないかと思います。
(ただし、ラインポイントからは4,000ポイントなので約6,000円分ラインが広告費をもっていっているのが現状です。とはいえ、何もしないより遥かに良いと思います!)

また、ラインポイントはnanacoチャージなどが先月廃止にはなってしまいましたがスタバのドリンクチケットへ変えられたり、ラインペイを使っている方は1ポイント1円として街中で利用ができます。

ポイントサイトについてよく分からない方は過去に記事をあげていますのでよろしければ、ご参考ください。

 

www.familyyoshida.net

 

www.familyyoshida.net

 

まとめ

以上の内容でまとめると、お得なカードでありポイントが貯めやすく使いやすいカードであることは間違いないといえるカードです。

しかし、楽天市場でのお買い物は正直高いと感じることも多々あるので(我が家では正直、楽天はふるさと納税くらいしか私たちは使っていない。。)

その為、ポイントの倍率アップについては知識がたくさんあったり極めれる人には良いかもしれませんが楽天ポイントの錬金術を生み出すのが難しい方や楽天ポイントを街中で使用する機会がない方はサブカードとして考えるのもありかなと思います。

とはいえ、知名度も高く入会特典に関してはぶっちぎりNo1といっても過言ではないのでお勧めできるカードといえます。

余談ではありますが実際、うちの主人は楽天カードを持っていますが私は持っていません。(正しくは過去に2回持っていましたが昔は今のようにクレジットカードがものすごく好きというわけではなかったので「使っていないクレカは処分しよう」ということで1~2年前に解約してしまいました。)

解約後の今思うことは正直、サブカードとしては欲しいかなと感じています。
ただ、ものすごく作りたいカードがあるので今は多重申し込みを避けるために発行には至っていません。

是非、自分に合ったクレジットカードを見つけていただき、少しでも節約や楽しいお買い物を過ごせる方が増えることを願っています。

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。
本日もお読みいただきましてありがとうございました。

 

-クレジットカード

Copyright© ハナのコスパ旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.