国内

【ビッグボーイ】サラダバー。コスパ・ランチバイキング内容・座席まで。実際のところどうなの?

f:id:rukiasan:20191228102035j:plain

昨日、主人と近所のビッグボーイへ行ってきました。

サラダバーが好きな我が家は、サラダバーが充実しているレストランやプランを巡るのが大好き。
(お気に入りはロイヤルホストグループのシズラー。)

私たちが普段使いのレストランで重要視するのは。

  • 手軽さ
  • コスパ面
  • 落ち着いて食べられるか。ゆったりめの席

こちらの3点です。
私たちとしては、この3点を掛け合わせた一つがビッグボーイ。

近所にもあり、飽きない程度に行っていたのですが最近、内容に少し変化がありました(?)ので記事にしました。

これから行こうと思っている方やリアルなレビューを知りたい方向けの記事となります。

ビッグボーイについて

f:id:rukiasan:20191228081543j:plain

アメリカ発祥のステーキが美味しいファミリーレストラン。

  • 国内には267店舗(2019年12月現在)展開。
  • メイン料理はステーキ。
  • サラダバーのみのオーダーも可能。

基本的にはステーキなどのメイン料理をオーダー。
そこにサラダバーを付けるの一般的ですが、ビッグボーイのいい所はサラダバーのみの単品オーダーがOKなところ。

その名もバイキングランチ。

今回(いつも)オーダーしたバイキングランチの内容をご紹介していきます。

メイン料理なしのバイキングランチとは

f:id:rukiasan:20191228081653j:plain

メニューの端っこに、こんな感じで「バイキングランチ」と表記があります。

しかし、おそらく初めてオーダーする方が心配されるのは。。

「サラダだけでお腹いっぱいになるの?」というところ。

大丈夫です。普通にお腹いっぱいになります。
なぜなら内容が、ざっくりとこのような感じだからです。

  • 価格は680円+税
  • カレーやスープもある
  • 白飯、ガーリックライスもある
  • サラダーの種類は16種類以上(←HPでの表記。)

ただし記事の冒頭にも話しましたが以前と比べ、内容が少し変わっていました。

変わった点は、私たちが気づく限りで野菜の種類が減った事。そして、お皿がプラスチックからロゴ入りの陶器のお皿に変わったことです。

この変化については、ネットで調べても全く出てきませんでした。

その為、私たちの近所の店舗だけのことかもしれません。

しかし、ロゴが入ったお皿へ変更しているのでひょっとしたら今後はこんな感じになっていくのでしょうか。。(?)

とはいえ、内容のベースはしばらく変わらないと思いますので次に内容を紹介してまいります。

サラダバーの内容

ここから、一気に写真でご紹介致します。

まずはサラダバーのゾーンにはこのような感じで一か所にまとめてあります。

f:id:rukiasan:20191228081702j:plain
サラダバーゾーン

f:id:rukiasan:20191228081711j:plain
ガーリックライスと白飯

f:id:rukiasan:20191228081720j:plain
カレーとスープ類

f:id:rukiasan:20191228081738j:plain
サラダ類とゼリーゾーンの全体写真。

f:id:rukiasan:20191228081747j:plain
野菜類のアップ写真

f:id:rukiasan:20191228081758j:plain
ドレッシング類とゼリーなどのアップ写真。

ここまで見て、以前行かれていた方は気づかれるかと思いますが、ブロッコリーと枝豆、ヤングコーンの提供がありませんでした。

そしてお皿に関して。
以前は黄色っぽい?プラスチックの取り皿でしたが、ビッグボーイの印字がされた白いお皿に変更されていたことです。

このお皿です↓

f:id:rukiasan:20191228081845j:plain
サラダバーのカレー

ちなみに、カレーは具がゴロゴロしているという訳ではありませんが万人受けするお味です。(癖がない、給食に出てきそうな味。)

席の仕様

野菜の種類が減ってはいるものの、この席の仕様は変わらず私たちはお気に入りです。

f:id:rukiasan:20191228081837j:plain
ビッグボーイの席

個室とまではいかないものの、ゆったりと座れてプライベート空間が少しでも保たれる席。

食べながら、他の方と目が合う等の心配がないので落ち着いて食べられます。

こういう席は個人的に好きです。(喫茶店のコメダもそうですね。)

有料のドリンクバーゾーン

f:id:rukiasan:20191228081810j:plain
ドリンクバーゾーン

ランチバイキングには含まれていませんが有料でドリンクバーをつける事が可能です。

価格は220円+税。アプリ利用で100円引きです。
アプリはダウンロード後すぐに使えますので、めんどくささはゼロに等しいです。

このドリンクバーの良い所は紅茶の種類が充実しているところ。
f:id:rukiasan:20191228081828j:plain

お隣にあるコーヒーも挽きたてのコーヒーなのが嬉しいポイント。
少し長居しようかな~という方にはオススメです。

使えるポイント

f:id:rukiasan:20191228081941j:plain

ポイントオタクな私がお気に入りなのはビッグボーイで主要の楽天・ポンタ・dポイントが使用出来るところ。

今回、楽天期間限定ポイントが中途半端にありましたので清算時に使用しました。
f:id:rukiasan:20191228103343j:plain

まとめ(正直な感想)

今回、数か月ぶりにビッグボーイへ行って思った正直な感想。

「同じ距離にランチセットの価格がそんなに変わらないステーキのあさくまがあれば、そっちに行きたいかな。。」です。

しかし、近所にあり手軽な価格・野菜もとれる・楽天期間限定ポイントも使用できる・プライベート空間が少しでも保たれるetc...

このような面から今後も利用します。

本日もお読み頂きましてありがとうございました。

合わせてオススメの記事。楽天ポイントやポンタポイントの貯め方↓
www.familyyoshida.net
www.familyyoshida.net

-国内

Copyright© ハナのコスパ旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.