クレジットカード

エポスカードは海外旅行者にオススメ。メリット・デメリット。解約して後悔している私の個人的な感想あり。

f:id:rukiasan:20191222233807j:plain
出典:エポスカード

先日、うちの母親が「近くにマルイもないし、ほとんど使っていないからエポスカード解約しようかな?」と相談をしてきました。

しかし、エポスカードを解約してかなり後悔をした私は「エポスカードは結構凄いところがあるから考え直したほうがいいんじゃない?」と止めました。

今回の記事は、カードの基本スペック、メリット・デメリット、お得な使い方、エポスカードをオススメする人、私がなぜ解約をして後悔をしているかをまとめていきます。

今後、入会を検討されている方へ少しでも参考になれば幸いです。
それでは、どうぞ。

エポスカードの基本スペック

  • 年会費無料
  • ETC無料
  • ポイント還元率0.5%
  • 国際ブランドはVISAのみ
  • 自動付帯海外旅行保険
  • 最短即日発行

年会費無料

使用金額などの縛りがなく無条件で永年無料です。

ETC無料

ETCも無料で申し込みが可能。
こちらも縛りがありません。ちなみに同じ年会費無料のヤフーカードおよび楽天カードは会員種別によってETCの年会費が発生します。

ポイント還元率0.5%

カード払いを使用すると、200円で1エポスポイントが貯まります。
正直、他の無料カードと比べ還元率はお世辞にも良いとは言えないカードですが、ポイントを最大限もらう方法もありますので合わせてお得な使い方の項目でご紹介致します。

国際ブランドはVISAのみ

国際ブランドはVISAのみ。
VISAは国内に限らず海外でもシェア率がトップクラスです。その為、初めてカード作られる方にも私はVISAを基本的におすすめしています。

自動付帯海外旅行傷害保険

利用付帯ではなく、自動付帯というところがポイント。
自動付帯とは、持っているだけで海外旅行保険が付いてくることです。
年会費無料のカードの多くは海外旅行保険自体がついていないのが現状です。自動で保険が付いてくる、しかも内容も素晴らしいので海外旅行保険の部分で詳しく記載させて頂きます。

即日発行可

エポスカードセンターに行く必要はありますが、カードを最短で即日発行が可能となっています。
急遽、海外へ行く等急がれている方には嬉しいですね。
ただし審査によっては長引いたり、そもそもエポスカードセンターが関東に集中しているのが少し難点かもしれません。

審査基準

私は2018年2月に、こちらのカードをマルイの店頭(エポスカードカウンター)で申込みをしましたがその場ですぐに審査がおりました。時間にして10分もかからなかったです。
その時の私のスペックが下記となります。

  • 専業主婦
  • 30代
  • カード保有数3枚
  • クレヒスが綺麗

エポスカード自体、ターゲット層が20〜30代、そして流通系のカードということもあり審査は緩めな印象です。
(私の母は50代、会社員というスペックで通っています。)

また、私事ではありますが申込時に銀行口座に登録するキャッシュカードがうまく連携できず、即日発行が出来ませんでした。

即日発行を希望の方は、web申込み→エポスカードセンターの来店が確実でおすすめです。

メリット

年会費無料や海外旅行傷害保険など基本スペック以外の特筆すべきメリットは下記の点です。

  • エポスポイント付与は税抜ではなく税込み計算
  • 楽天Edy、モバイルsuica、スマートICOCAへのチャージでもポイントが付与される
  • ポイントの有効期限を延長することができる(最大24ヶ月後)
  • 優待特典の利用店舗数が非常に多い
  • 利用状況によって年会費無料ゴールドカードインビテーションがもらえる

楽天Edyはカードでチャージした金額の0.5%、エポスポイントとして還元。そして、楽天Edyの使用で楽天ポイントが付与されるのでポイントの二重取りが可能です。

また、モバイルsuicaへのチャージもポイント付与対象です。
普段、電車通勤されている方には便利ではないのでしょうか。(ただし、還元率でいうとオリコカードやリクルートカードの方がはるかに上ですのであくまでも参考程度です。)

他には優待特典の利用店舗数は10,000店舗以上。
特にカラオケのシダックスやカラオケ館と相性がよく、カード提示のみで30%オフとなります。優待特典の店舗はエポトクプラザでご確認頂けます。

映画に関してはエポトクプラザからのユナイテッドシネマのチケット購入でいつでも1,300円で購入が可能
月に数回の割引デーを狙わなくても、正規の値段よりだいぶお安く行くことができます。

さらに、年に50万円以上の利用で1~2年ほど使用するとゴールドカードのインビテーションが、ほぼほぼの確実で届きます。
(正式なアナウンスがないので、ほぼほぼといった表記です。)

このインビテーションの凄いところが、ゴールドカードを年会費無料で持ててしまう事です。さらにゴールドカードはエポスポイントの付与率がアップ、そしてポイントは無期限、さらに空港ラウンジまで使用が可能となり、家族カードも無料なので一人で空港ラウンジへ行き、家族を置いてきぼりにしなくてもよくなります。
(結構、同伴者は有料といったカードが多いです。)エポスゴールドカードは他にもかなりのスペックのカードとなりますがここでは割愛します。

海外旅行傷害保険

このカードの一番の魅力はなんと言っても、年会費無料のカードのわりにかなりスペックのよい保険金額を設定しているところです。

さらに驚きなのが保険は自動付帯保険
(クレジットカードの旅行傷害保険には自動付帯と利用付帯の二種類があります。自動付帯とは、無条件て保険がついてくること。利用付帯は、カードで旅行代金を支払っている等の条件付きが利用付帯です。)

参考までに、下記が資料となります。尚、保険項目によっては合算が可能な項目もあります。

海外旅行傷害保険に関して、先日の記事でかなりシンプルに説明しています。
今のところ、私のブログの中で一番人気の記事ですのでよろしければご参考下さい。

f:id:rukiasan:20191217190835j:plain
出典:エポスカード

www.familyyoshida.net

デメリット

一番のデメリットは通常の買い物では還元率が0.5%と低いところ

他の年会費無料のカードではオリコカードが半年間2%や楽天カード、ヤフーカードの1%に対すると、お世辞にも高いとは言えない還元率です。

ポイントの付与率のみを求める方には、先日ご紹介させて頂きましたオリコカードをオススメします。

www.familyyoshida.net

また、ショッピング保険がついていないところもデメリット。
同じ年会費無料のヤフーカードは、カードでの購入で90日間ショッピング保険が適用されます。

しかし、エポスカードでも有料(年間1,000円)でショッピング保険に加入する事ができます。また、こちらのオプションはポイントでの清算が可能となっています。

お得な使い方

ポイント還元率が低いエポスカードですが、たまるマーケットといったサイト利用でお買い物などをすると、ショップによってはポイントが最大30倍となります。

たまるマーケット内には人気のAmazon、楽天、ヤフーショップ、エクスペディア、じゃらん、HISなどが入っています。

利用方法はとっても簡単です。

  1. たまるマーケットにアクセス
  2. ページ内の自分が利用したいお店のリンクをクリック
  3. クリックするといつもどおりの利用したいページに飛ぶ
  4. そのまま、お買い物などをする

イメージとしては、ラインショッピングやポイントサイト、楽天Rebatesと一緒です。
ちなみにエクスペディアはポイントが9倍となっています。

他には、年に4回ある「マルコとマルオの7日間」でエポスカードで決済をした場合、10%割引で利用できます。

また、海外旅行行かれる方は現地でキャッシングにて現地通貨を調達する場合、ペイジーで繰り上げ返済が出来ますので一般的な空港での両替に比べるとはるかに安く現地の通貨を手に入れる事が可能です。

解約して後悔した理由(個人的な感想)

以前、エポスカードを持っていた私がなぜ解約をしたのかといいますと、一言で「今回の記事に書いてある内容をほとんど把握してなかった」からです。

うちの母親同様、マルイでふらふらしていたら、「入会特典で2000円分、マルイの商品券がもらえる→それなら入ろう」という簡単な考えで入り、あまりマルイでお買い物はしなくなったので要らないかなという考えで解約をしました。

しかし、今では解約したことを後悔しています。
私はそもそも旅行が好きなので、合算できる海外旅行保険があるのはあるに越したことないです。

そして、ゴールドカードのインビテーションがあれば空港ラウンジも家族カード発行で無料で入れてしまいます。

(本当は今でも、また再入会をしようか迷っていますが他にもっと欲しい大本命のカードがあるので申し込みを保留にしています。)

そして、このような経験とカードの特徴から下記のような方へこのカードをお勧めします。

このカードをオススメする人、まとめ

  • 海外旅行へ行かれる方
  • 年会費無料のカードを探されている方
  • よくカラオケへ行く方
  • 特典優待のお店が若者向けなので20代~30代の方
  • マルイやエポスカードの利用で割引が受けられる店が近くにある方

特典優待のお店やカードの内容からすると上記のような方には特におすすめですが持っていて損はないカードだと自信をもってオススメできます。

今回の記事が参考になれば幸いです。
本日もお読み頂きましてありがとうございました。

※余談ではありますが、カードを作る際web申込は直接リンクが一番損します。
今回ご紹介のエポスカードはポイントサイトを経由すると今なら4,000円分さらにお得に作成が出来ます。

ポイントサイトに関してはこちらでまとめていますのでよろしければ、ご参考下さいませ。

www.familyyoshida.net

-クレジットカード

Copyright© ハナのコスパ旅 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.