雑記

クレジットカード初心者の方へ。審査・クレジットの種類・支払い方法、おすすめカードのあれこれ。

f:id:rukiasan:20191216224445j:plain
クレジットカード作成時に気になる一つが審査について。
何枚カードを作成しても、おそらく大半の人が審査については敏感になってしまうかと思います。(何を隠そう私もその大半の一人です。)

今回の記事は主に初めてクレジットカードを作られる方へ向けた記事でもありますが、審査が心配な方や大まかなクレジットの種類についても記載しております。

審査基準やカードの種類を把握し、ご自身に一番向いているカードへの選択材料の一つになれば幸いです。

目次からどうぞ。

初めてのクレカ審査と信用情報機関について

前提としまして、初めてクレジットカードの審査をされる方は、当然ながらクレジットカードの使用履歴がどこにもありません。

よって、信用情報機関に自分のクレジットカードの使用履歴情報がない状態となります。(保持していないので当たり前ですね。)

また、信用情報機関に情報がゼロの方を一部ではスーパーホワイトと呼ばれています。まずは信用情報機関とスーパーホワイトについて述べていきます。

信用情報機関について

基本の流れとして、クレジットカードの申し込み後、クレジット会社は信用情報機関の個人情報と申込者の情報を照らし合わせ、審査の否決を行っています。

信用情報機関は現在国内に下記の3つの機関が存在し、クレジットカードの使用履歴や申込履歴、住宅ローンや車のローンの支払い情報、そして勤務先の情報等を集約して企業に提供を行っている情報機関となります。

  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)
  • JICC(株式会社日本信用情報機構)
  • 全国銀行個人信用情報センター

それぞれの機関には特徴があり、CICは国に唯一、指定信用情報機関として指定を受けており、クレジットカード会社の全てがCICに登録をしています。

また、JICCに関しては消費者金融会社が主に会員となっており、全国銀行個人信用情報センターは主に銀行が加盟しております。

住宅ローンを組むと全国銀行個人信用情報センターに情報が登録される仕組みとなっております。

スーパーホワイトについて

信用情報機関に自分の今までの支払い情報が何もない方は一部で「スーパーホワイト」と呼ばれています。

スーパーホワイトの方は一見、今まで何も延滞を行っている情報等、マイナスな情報はありませんのでとても良さそうに見えます。

しかし、ある一定の年齢を超えた方は「実は、クレジットカードが持てない人。すなわち訳ありではないのか?」と見なされ審査に落ちてしまう事も多々あるようです。

例えると、ペーパードライバーのゴールド免許でしょうか。
「見た目はいいけど、信用はないですよね。」といった状態です。

ちなみに、信用情報機関には携帯電話の支払い情報についても載っています。おそらくこのブログを見られている方のほとんどの方は携帯電話を持たれていると思いますので正式にはスーパーホワイトとは呼ばれない状態です。

しかしクレジットカードを今まで1つも所持しておらず、ある一定の年齢を超えた現金主義で過ごされていた方は少し慎重になられた方が無難です。(一度審査に落ちれば半年間履歴が残ります。また、一定の年齢は30歳以上とされることが多いです。)

情報は開示が可能

それぞれの機関では、本人確認書類の提示と所定の手数料を支払う事により情報を開示する手続きを行う事が可能です。

手数料はそれぞれ1,000円程。インターネットでも直接でも取り寄せる事が可能です。(ただし、情報をインターネットで取り寄せる場合、若干の時間がかかります。※1週間~10日程)

自分の情報が心配な方や、思い当たる節がある方はカード申込の前に一旦情報の開示請求と確認を行う事をおすすめします。

クレジットカードの主な種類

様々なカードが世の中には存在していますが発行会社の種類は大きく分けて4種類あります。

  • 銀行系(三菱UFJカード、三井住友カード等)
  • 信販系(オリコカード等)
  • 流通系(イオン、エポスカード等)
  • 消費者金融系(アコム等)

上記の4つは上にいくほど審査が高い順となり銀行系が最も審査基準が高く、信販系と流通系は同じくらい、そして消費者金融系は審査が一番緩いと言われております。

銀行系クレジットカード

銀行系クレジットカードはその名の通り、銀行が発行元となるクレジットカードです。審査基準は勤続年数や年収など条件が高く、他のカードでゴールドやプラチナカードを持っている方でも審査に落ちたという方も多くいらっしゃいます。

信販系クレジットカード

先ほど、当ブログでも紹介させて頂きましたオリコカードも信販系に入っています。信販系とは信販会社(リースや分割払いのサービスを提供する会社)が発行しており、クレジットカードの原点とも呼ばれている発行元です。

流通系クレジットカード

イオンカードやエポスカード等がこの部分にあてはまります。小売業をベースとした会社が提供しており、街中で手軽に作れるのが特徴。ターゲットを主婦の方にしている会社が多く、うたい文句は「主婦の方でもお申込みいただけます!」といった形でしょうか。

消費者金融系クレジットカード

いわずとも、消費者金融の審査ベースで審査を行っていますので審査基準が緩めです。即日発行やキャッシング枠が高いのが特徴。
手数料で稼ぐタイプのカードですので、手数料が他と比べて高く、リボ払い設定多めなのが特徴。リボ払いとは簡単にいうと手数料が高い分割払い方法のことです。工夫をしないと手数料が高いカードになってしまうカードです。

初めてカードを作る方にお勧めのカード

上記を踏まえて、初めて作られる方は審査が少し緩めの信販系もしくは流通系、尚且つ支払い方法の初期設定が一括払いに設定(もしくは選択)されているクレジットカードがおすすめです。

その条件を満たしている年会費無料のカードが下記になります。(※他にもたくさんありますが、代表的なものを表記いたします。)

  • オリコザポイントカード
  • 楽天カード
  • ヤフーカード
  • ライフカード
  • エポスカード

この中のカードであれば、個人的にはオリコザポイントカードが還元率高めとETC無料の点でオススメではありますが。
ご自身のライフスタイルに合わせたカードを持つのが一番かと思います。

ヤフーやワイモバイルを利用されている方はヤフーカードもおすすめですし、楽天モバイルや楽天経済圏で生活されている方には断然楽天カードがおすすめです。
www.familyyoshida.net

リボ払いに気を付けて

クレジットカードの支払い方法には大きく分けて2つあります。
一括払いとリボ払い。

一括払いはその名の通り一回で支払うことを指しますが、もう一つのリボ払いは手数料が高い支払い方法の一つ。

リボ払いとは、リボルビング払いとも呼ばれ、自身で決めた一定額のみの支払いを毎月行う支払い方法の事です。そして一定額を超えた分に関しては利息がかかってきます。ここが罠の一つです。

初めてクレジットカードを申し込む際、知識がなかったりひどい場合はクレジットカード勧誘の方から何も説明がなく、一括払いと認識をし、リボ払いの設定と気づかず支払いを行い後から多額の請求というケースも。。。

カード申込の際、初心者の方は必ず支払い方法を確認してください。(←ここは重要です。)

まとめ

クレジットカードはうまく利用すればお買い物が楽しく、よりお得に生活する事が可能です。
しかし一方では、カードのタイプにより、リボ払いを初期設定としているカードが世の中にはまだまだたくさんあります。
代表的なリボ払い設定のカードはファミマTカード。(2019年12月16日現在)

身近なコンビニエンスストアのクレジットカードがリボ払いになっているので、大手コンビニだから大丈夫!と安心して容易く入るのは注意が必要です。(ファミマTカードが良くないと表記している訳ではありません。どうしても時と場合によっては支払いにリボ払いを使いたい方もいらっしゃると思いますので・・。)

是非、ご自身のライフスタイルに合ったお得なカードを見つけてみて下さい!

それでは、今日はこの辺りで。
本日もお読み頂きましてありがとうございました。

-雑記

© 2020 Hana's cospa travel blog Powered by AFFINGER5